• 資料請求
  • お問合せ
サイト内検索

  • パッケージソフト.comとは
  • パッケージソフト選びのワンポイントアドバイス
  • パッケージで成功する導入のポイント
  • 導入事例
  • パッケージ開発メーカー紹介
  • パッケージソフト.com成功事例紹介

パッケージソフト選びのワンポイントアドバイス

1.カスタマイズ項目が少ないこと

パッケージソフトを導入するわけですから、出来るだけカスタマイズの必要性が少ない方が良いです。カスタマイズが少なければ低予算・短納期でシステムがスムーズに導入出来ますので、コストメリットを最大限に引き出せます。

2.業種に特化したパッケージソフトも鍵

業種に特化したパッケージソフトもパッケージソフト選びの鍵になります。何故なら、業種に特化している分、その業種ならではの事細かな処理が用意されています。 更にSEの方からその業種特有のノウハウや他社の事例等も教えてもらえますので、初めてシステムを導入する企業には最適かもしれません。

3.担当するSEの人間性も大切

パッケージソフトの導入でも、担当のSEと打ち合わせを繰り返しながら導入して行きます。担当のSEを好きになれないと、良いシステムが導入出来ません。嫌いな人とはコミュニケーションを進んで取りませんので、後からいろいろな問題が出て来ます。パッケージソフトの機能も大切ですが、担当するSEもパッケージソフト選びのポイントに入れておいて下さい。

4.導入後もフォローが得られるか

パッケージソフトを導入した後も、有償無償問わずフォローしてもらえることも大切です。不具合が発生した時、自分だけではどうしても分からない場合があります。その場合に、状況を考慮してフォローしてもらえる体制があると心強いです。

5.ソースコードの公開の有無

多数のカスタマイズが継続して発生する可能性があり、 自社内でカスタマイズを行う体制がある場合などには、 ソースコードが公開されているかどうかにも注目しましょう。 ソースコードが開示可能なパッケージならば そうしたご要望にも応じられます。

前頁へ戻る