• 資料請求
  • お問合せ
サイト内検索

  • パッケージソフト.comとは
  • パッケージソフト選びのワンポイントアドバイス
  • パッケージで成功する導入のポイント
  • 導入事例
  • パッケージ開発メーカー紹介
  • パッケージソフト.com成功事例紹介

Magic xpa 3.1用教材

WIT販売

ユーティリティ・サンプル/テンプレート

対象業種

一般

製品概要

『WIT販売』の特長

 本システムは、Magic用の教材(サンプルプログラム)として作成いたしました。プログラムはすべてソース公開です。より業務に近く、より実用的な素材として販売管理システムの一通りの機能を備えております。Magicでシステムを開発される時の一つのサンプルとしてお役立ていただければ幸いです。
※あくまでもサンプルプログラムであって、アプリケーションパッケージではありません。
※本格的アプリケーションパッケージには「WIT販売RIA」をご用意してあります。

【対 象】

 Magicでの開発を検討されていらっしゃる方でしたら、どなたでも構いません。

【特 徴】

◆ロジックはすべてuniPaaS仕様(レコードメイン互換は未使用)
レコードメイン互換は一切使用しておらず、ロジックはすべてイベントドリブン型で記述しています。また、サブフォームも多数使用しています。

◆テーブル形式の画面は、マウスを使って下に拡張可能(※1)
テーブル形式の画面においてユーザがマウスで行数を拡張した場合、その情報が保持され、常にユーザ固有の行数で表示されます。

画面サンプル

◆エクセルのような左項目固定の機能あり(※2)
エクセルでよく見かける「左項目固定」の動きを実現する機能があります。

◆エクセルへのデータ出力機能あり
Magicで作成したデータをエクセルに出力する機能があります。

◆選択した複数行の集計がその場で可能
テーブル形式で表示されている数値データの中から任意の行を複数行選択し、それらの合計値を集計する機能があります。

◆帳票出力時には、印刷とプレビューの両方の機能あり

◆見積データを受注データへ、受注データを売上データへ転記することが可能

◆メール送信機能あり(商品発送通知メール送信、見積書メール送信) (※3)
得意先の担当者宛てにメールを送信する機能があります。

◆カレンダー上の日を選択するだけで、その日の「受注/売上/入金」データが参照可能
画面に表示されたカレンダー上で「日」をクリックするだけで、その日の「受注/売上/入金」データを参照できる機能があります。

画面サンプル

パッケージ詳細

画面サンプル

−機能一覧−

 ■伝票入力業務
・見積伝票入力 ・受注伝票入力 ・売上伝票入力 ・入金伝票入力
 ■見積情報
・見積照会(得意先別、商品別、担当者別) ・見積明細一覧表出力 ・見積書一括出力
 ■受注情報
・受注照会(得意先別、商品別、担当者別) ・受注明細一覧表出力 ・注文請書一括出力
 ■売上情報
・売上照会(得意先別、商品別、担当者別) ・売上明細一覧表出力 ・納品書一括出力 ・得意先別売上一覧表出力
・得意先別年間実績表出力 ・得意先売上ランキング表出力 ・商品別売上一覧表出力 ・商品別年間実績表出力 ・商品売上ランキング表出力 ・商品別月間実績照会 ・担当者別売上一覧表出力 ・担当者別年間実績表出力 ・担当者売上ランキング表出力
 ■入金情報
・入金照会(請求先別) ・入金明細一覧表出力 ・入金一覧表出力 ・担当者別売上入金一覧表出力
 ■請求処理
・請求締処理 ・請求履歴照会 ・請求一覧表出力 ・請求書出力 ・請求明細書出力 ・回収予定一覧表出力 ・請求取消処理

 ■売掛情報
・得意先元帳出力 ・売掛残高一覧表照会 ・売掛残高一覧表出力
 ■特別処理
・日次データ照会 ・見積書メール送信 ・商品発送通知メール送信 ・データバックアップ
 ■マスタメンテナンス
・得意先マスタメンテ ・商品マスタメンテ ・担当者マスタメンテ ・商品分類マスタメンテ ・単価マスタメンテ ・得意先マスタ一覧表出力・得意先マスタテキスト出力 ・商品マスタ一覧表出力 ・商品マスタテキスト出力 ・管理マスタメンテ ・メニューマスタメンテ

動作環境

  • @Magic xpa3.1 Enterprise Studio(体験版では動作しません)
  • APSQL v11 for Magic 以上
提供・販売形態 価格(ソース開示)
間接販売可能
¥30,000(税抜)
※ソース公開ですが、カスタマイズは許可しておりません

問合せ先

株式会社ウイットソフトウェア
  • Microsoft Windows は米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他、使用している会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
  • 本資料に記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示(TM 、(R))を付記しておりません。
前頁へ戻る