• 資料請求
  • お問合せ
サイト内検索

  • パッケージソフト.comとは
  • パッケージソフト選びのワンポイントアドバイス
  • パッケージで成功する導入のポイント
  • 導入事例
  • パッケージ開発メーカー紹介
  • パッケージソフト.com成功事例紹介

工事業者様のご要望に応え、一回の入力で全て実現

「まかせて工事屋さん」

その他

対象業種

建築工事業・土木工事業・管工事業・電気設備工事業・左官工事業・内装業・防水工事業・基礎工事業・屋根工事業・CATV設備工事業 などあらゆる工事業に対応

製品概要

工事業者なら必ず行いたい事務処理(見積作成/原価管理/請求・入金管理/台帳作成)を連動管理。

『まかせて工事屋さん』の特長

まかせて工事屋さん

◇1度入力したデータを徹底的に活かし、時間を生み出します。

『まかせて工事屋さん』なら、データを1回入力するだけ。
あとは情報を追加するだけで下記のすべてを処理することができます。いままで社内業務に費やしていた時間を1/3以下に圧縮して、3倍以上の業務を処理できます。トータル9倍の成果を生み出す「パソコン用工事管理システム」です。

●見積書作成 ●日報集計 ●請求書作成 ●工事台帳作成
●仕入管理 ●月間工事一覧 ●請求管理 ●入金管理

◇入力した情報をもとに、「知りたい情報」を入手できます。

『まかせて工事屋さん』は、社内業務を行うために入力したデータを集計することで、経営判断に必要な管理帳票を簡単に印刷できます。

知りたかった社内情報がボタン一つで、入手できます。しかも、管理帳票はお客様の声を聞き続け、工事業経営者様の視点に立って内容を練り込みました。 出力内容には定評があります。

パッケージ詳細

−機能概要−

■各システム機能概略

◆見積作成
見積はスピードが命です。雑工事、小工事、一般住宅までの見積書をきれいに、スピーディーに作成できます。
見積時点で原価(NET)を知ることができ、値引き交渉に備えることができます。
見積書は、A4サイズの縦型・横型をボタン一つで切り替えて印刷できます。
「見積実績表」を印刷すれば、得意先ごと、担当者ごとに受注率・利益率を知ることができます。
過去の見積内容を一瞬で参照できる検索機能が便利です。
作成ずみの見積をコピーして多少の変更を加えるだけで新しい見積書が簡単に作れます。
◆日報管理・伝票入力(原価管理)
日々の使用材料や労務費の入力を行って物件ごとの原価の積み上げを行います。労務費の管理に重宝します。
月末に送られてくる業者伝票(請求書)を入力し原価の積み上げを行います。業者別・工事別の仕入台帳が自動的に作成できます。
◆請求書発行・入金処理
工事名一式の請求書も、明細を印字する請求書も、きれいに、簡単に作成できます。
1件の得意先に対する複数の工事の請求書を1通にまとめて印刷することができます。 「請求一覧表」「得意先別工事入金表」の印刷で、請求漏れ・入金漏れをシャットアウトします。
工事ごとの原価を集計して、ボタンひとつで請求明細が作成できます。収支状況の一覧を印刷でき、各工事が支払先行か、入金先行かが掴めます。
◆管理帳票
工事が完成すると工事台帳はワンタッチで作成できます。現場ごとの完成工事高、工事原価、粗利益、利益率などが一目で判る便利な帳票です。請求・入金データとの連動で、すべての情報が入った工事台帳が作成できます。
月間のすべての工事の原価を、材料・労務・外注・経費ごとに集計して印刷できます。
実行予算を組んでから原価を入力していけば、現時点での予算残高をつかめます。
工事ごと、仕入先ごとの仕入明細書をボタンひとつで集計、印刷できます。
施工したすべての工事を月間・年間で集計して、売上・原価・利益(率)を一覧で閲覧できます。「請求・入金データ」との連動で、入金額・入金残高まで印字します。
また得意先・担当者・工事の種類ごとの平均利益(率)などが自動集計され、わが社の強みを分析する有用な資料としてご利用いただけます。
◆工事検索
1. 電話番号や工事名の一部など断片情報からでも過去の工事の履歴を検索でき、顧客管理としての機能が充実しています。

動作環境

MicrosoftR WindowsR 2000 Professional(SP4以降)
MicrosoftR WindowsR XP Professional(SP2)
MicrosoftR WindowsR Vista (Business/Ultimate)
以上全て日本語版、32ビットOS
提供・販売形態 価格(ソース開示)
間接販売可能
お問い合わせください

問合せ先

アンサンブル株式会社
  • Microsoft Windows は米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他、使用している会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
  • 本資料に記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示(TM 、(R))を付記しておりません。
前頁へ戻る