• 資料請求
  • お問合せ
サイト内検索

  • パッケージソフト選びのワンポイントアドバイス
  • パッケージで成功する導入のポイント
  • 導入事例
  • パッケージ開発メーカー紹介
  • パッケージソフト.com成功事例紹介

 

肉牛個体管理システム(BSE対応版)

生産管理

対象業種

畜産

製品概要

 「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法(牛肉トレーサビリティ法)」が2003年12月に施行されて以降、生産者の事務量が非常に増えてきています。個体の生産⇒市場⇒導入⇒販売等の管理報告は勿論ですが、個体ごとに給餌の情報、薬品等治療の履歴も求めらています。
これらの管理を様々な形態に合わせられる柔軟な 個体管理システムです。

肉牛個体管理システム(BSE対応版)の特長

■肉牛の導入、出荷(販売)、死亡データを入力するだけで 導入、出荷の管理帳票及 び報告書が簡単に作成できます。

■種類、性別別で牛1頭毎に正確な原価管理ができます

■牛舎移動入力により牛舎、牛房の管理もでき、計量の記録も管理でき肉牛育成農家には最適なシステムです。

■投薬(注射)を入力すると、個体毎治療履歴、薬品毎使用実績、薬品在庫管理、ワクチン、去勢等の実施管理が出来正確な資料が作成されます。

■牛舎別在頭の管理及び、棚卸が月令別に出力され税務署等の提出の育成費の計算が自動で算出されます。

■新基準の管理がシステムを運用することで実現できます

■各帳票全てPDFにも出力できます。

パッケージ詳細

− 機能概要 −

■日常処理

 導入/計量/移動/投薬/死亡/出 荷データ等の入力、照会

■月次処理

 固体導入出荷記録印刷/固体実 績印刷/投薬データ印刷・・・

■マスタ登録

 導入/出荷先/薬品/牛舎/飼料 等の各マスタメンテナンス

■追加プログラム

 在頭牛リスト/出生一括報告カー ド/異動報告書・・・

■原価計算、ユーティリティ

動作環境

対応OS
  サーバ: Windows 2000/2003
  クライアント:Windows2000/XP

対応DB
  Pervasive 2000i/Pervasive SQL8
提供・販売形態 価格(ソース開示)
間接販売可能
1USER 30万円〜(ソース開示可能)

問合せ先

北海道データ企画株式会社
  • 〒003-0021
  • 札幌市白石区栄通10丁目3-9福井荘2号室
  • TEL:011-598-9146 FAX:011-598-9147
  • E-mail:hideo@ruru4.jp
  • Microsoft Windows は米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他、使用している会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
  • 本資料に記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示(TM 、(R))を付記しておりません。
前頁へ戻る