• 資料請求
  • お問合せ
サイト内検索

  • パッケージソフト.comとは
  • パッケージソフト選びのワンポイントアドバイス
  • パッケージで成功する導入のポイント
  • 導入事例
  • パッケージ開発メーカー紹介
  • パッケージソフト.com成功事例紹介

帳票出力ツール

Report Conductor for Excel

ユーティリティ・サンプル/テンプレート

対象業種

業種問わず

製品概要

データベースから必要なデータを手軽にExcel出力できる帳票作成ツールです。
『一般ユーザー様』から『システム開発会社様』まで幅広くご利用いただけます。
通常、時間もコストもかかる定型帳票も、Report Conductor を使えば必要な時に最新データを基にした帳票出力が行えます。なじみのあるExcelへの出力のため、利用者の方の抵抗感も少なくスムーズな導入が行えます。
また、システム開発会社様が開発したシステムと連携も可能で、Report Conductor を隠した出力設定もできます。

『Report Conductor for Excel』の特長

イメージ図

Excel形式では、書式付きで出力でき会議資料、日報などの定型資料の作成にお役立ていただけます。
また、CSV形式への出力は、他のアプリケーションへのデータの受け渡しなどにご利用いただけます。

パッケージ詳細

機能紹介

■ テンプレートによる出力データ加工

データベースのデータはテンプレートにより様々な加工が出来ます。出力する項目(フィールド)を選択することはもとより、「計算式」、「並べ替え」、「グルーピング(集計)」、「抽出条件設定」などが行え、特に、計算式と抽出条件設定では、SQL文による指定※もでき、データ形式や条件による出力内容の変更といった設定も可能です。

イメージ図

■ ユーザークエリー機能

Report Conductor では、データベース内のテーブルやビューをリレーションシップにより連携してクエリーを作成出来ます。データの更新・削除等には制限を掛けてあり、データは保護されるため安心してご利用いただけます。

イメージ図

■ コマンドライン付きショートカットによる実行

ショートカットへのコマンドキーの登録により、表面上Report Conductor を起動せず、Excelへの出力や印刷、保存等の処理を実行したり、抽出条件の値などの指定ができます。
また、実行するコマンドキーを別ファイルに登録することもでき、このファイルデータを書き換えることで別システムからの出力連携も可能となります。

※SQL文による指定は、接続しているデータベースで使用できる言語に限ります。

提供パッケージ

■ JCS Report Conductor for Excel 開発ライセンス

管理者(開発者)向けのアプリケーションです。テンプレートの作成・編集・削除から抽出実行まで ReportConductorのすべての機能が使用できます。

■ JCS Report Conductor for Excel ランタイムライセンス

利用者(ユーザー)向けのアプリケーションです。 抽出実行専用で、テンプレートの作成・編集・削除を行うことができません。

機能 ReportConductor
開発ライセンス
ReportConductor
ランタイムライセンス
テンプレートの作成
テンプレートの編集
テンプレートの保存
テンプレートの実行
※USBライセンスキー 必要 不要

動作環境

対応データベース ・ Oracle (9i 以降)
・ SQL Server (2000以降)
・ ODBCデータベース(リレーショナル型限定。一部機能制約有り。)
OS Windows10、Windows 8.1 、Windows 8 、Windows 7
抽出先アプリケーション Microsoft Excel(2010以降)
提供・販売形態 価格(ソース開示)
パッケージソフトウェア・再販可
1年目保守加入必須
※ 詳しい資料・無償評価版がございます。
お問い合わせ下さい。
・ 開発ライセンス
 1License ¥200,000
・ ランタイムライセンス
 5License ¥50,000〜
・ 年間保守料は標準価格の20%
※どちらもソース開示不可

問合せ先

株式会社ジェー・シー・エス コンピュータ・サービス

  • Microsoft Windows は米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他、使用している会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
  • 本資料に記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示(TM 、(R))を付記しておりません。
前頁へ戻る