• 資料請求
  • お問合せ
サイト内検索

  • パッケージソフト.comとは
  • パッケージソフト選びのワンポイントアドバイス
  • パッケージで成功する導入のポイント
  • 導入事例
  • パッケージ開発メーカー紹介
  • パッケージソフト.com成功事例紹介

Excelの機能をソフトウェア部品として利用できるExcel連携ツール

MARIONETTE(マリオネット)

ユーティリティ・サンプル/テンプレート

対象業種

一般

製品概要

『MARIONETTE(マリオネット)』の特長

MARIONETTE(マリオネット)

ソフトウエア会社向けに
●Excel連携が簡単
●VBA・マクロ・DDE・OLEの知識なしに高度なコントロールを行えます。
●受託アプリケーションへの組込みが簡単
●開発モジュールで作成、実行モジュールを組みこむだけ。
Excelパワーユーザー向けに
●Excelを使ったルーチンワークが自動化
●VBA・マクロなしで配布に適したシートを自動作成

パッケージ詳細

−機能概要−

製品の使用用途

1. 帳票ツールとして
使い慣れたExcelで雛形を作成し、その雛型にデータを流し込むことができます。<> 雛形のページ展開も可能で、注文書・納品書のようなヘッダー、明細タイプの帳票も作成できます。 また、社員カードのような複雑な構成になっている帳票や、指定伝票の位置合せも可能です。 また、すべての処理をExcelの表示なしで終ることも可能です。
2. グラフツール、集計、クロス集計(ピボットテーブル)ツールとして
これらは、Excelだけでできますが、受託アプリへの組込み機能として細かな点を配慮すると、最終的にはマクロやVBAが必要になります。
マリオネットは、マクロ・VBA・DDEなしで、簡単に使用するソリューションを提供します。
3. ブラウザ上の印刷ツールとして
帳票ツールとして使用した場合、作成結果ファイルはマクロを含まないXLS形式のファイルなので、そのまま配信し、ブラウザ上でActiveXとして動作するExcelからローカル印刷できます。
4. SQLクエリーツールとして
ExcelのみでSQLクエリーは実行できますが、結果ファイルを配布しようとすると厄介です。クエリー定義やマクロがシート上に残ってしまうからです。
マリオネットはこのような問題を解決し、アプリケーションからバッチ処理ですべてのExcel上の処理を終えることができます。

動作環境

対応OS  MicrosoftR WindowsR NT4.0 (ServicePack6aにて動作確認)
       MicrosoftR WindowsR 98
       MicrosoftR WindowsR Millenium edition
       MicrosoftR WindowsR 2000 Professional
       MicrosoftR WindowsR 2000 Server
       MicrosoftR WindowsR XP Home edition
       MicrosoftR WindowsR XP Professional edition
       MicrosoftR WindowsR 2003 Server
その他   MicrosoftR Excel 2000以上
提供・販売形態 価格(ソース開示)
ご注文はマジックソフトウエアジャパン様まで 販売形態は弊社ホームページをご覧下さい。(ホーム→製品情報→価格表) マルチユーザーライセンスもあります。

問合せ先

株式会社マイクロリンク
  • Microsoft Windows は米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他、使用している会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
  • 本資料に記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示(TM 、(R))を付記しておりません。
前頁へ戻る