• 資料請求
  • お問合せ
サイト内検索

  • パッケージソフト.comとは
  • パッケージソフト選びのワンポイントアドバイス
  • パッケージで成功する導入のポイント
  • 導入事例
  • パッケージ開発メーカー紹介
  • パッケージソフト.com成功事例紹介

 

mgGChartM-XPA

ユーティリティ・サンプル/テンプレート

対象業種

一般

製品概要

『mgGChartM-XPA』の特長

Magicコンポーネント mgGChartM-XPA

Magicコンポーネント

mgGChartM-XPA は ガントチャート表示を行うためのMagicコンポーネントプログラムです。
Magic xpa 2.x, 3.x に対応しています。

メモリ動作

Magic標準のメモリテーブルで動作するので、ガントチャートの為のDBを準備する必要はありません。

機能

・ガントチャートをMagicサブフォーム上に表示

Magicコンポーネントとして組み込み、任意のサブフォームにコールプログラムとして組み込み、ガントチャートを表示します。

使いやすいユーザインターフェース

伸縮するタイムスケール上で、計画の配置、移動、変更、削除を行うことができます。
マウスによるドラッグ&ドロップで計画の追加や変更をすることができるほか、達成率の表示、セルの分割・結合、タイムスケールの表示単位の変更などスケジュール管理、工程管理アプリケーションのための豊富な機能を備えています。

Magicプログラム側とのインターフェース充実

Magic側プログラムとのインターフェースは、チャート表示データの受渡しと、チャート表示の実行で行います。
チャート表示後は、コンポーネント内部関数プログラムで表示を制御することができます。
表示の変更追加を行うコンポーネント関数が33種類、ユーザプログラムに返すイベントは6種類、Magicとのデータのインターフェース関数は15種類あります。

パッケージ詳細

−機能概要−

概要図

動作環境

対応OS Windows10 、Windows 8、 Windows 7、 Windows XP
対応DB Magic Memory Gateway
対応MAGIC Magic xpa 2.x, 3.x
提供・販売形態 価格(ソース開示)
直接販売
開発版 ¥360,000 (税抜)
実行版 ¥27,000 (税抜)
弊社HPで、価格表ダウンロードできます。
http://www.yucom.co.jp/mgGChartM_or.html
(ソース開示は行っておりません。)

問合せ先

株式会社ユーコム
  • Microsoft Windows は米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他、使用している会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
  • 本資料に記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示(TM 、(R))を付記しておりません。
前頁へ戻る